私たちはクッキーを使用しています。このウェブサイトを利用することで、あなたはより興味深い提供する私たちを助けクッキーの使用を受け入れ、コンテンツを適応しました

確認

日付 1-3
距離: 50キロ / 30マイル

マルタからアテネ

  • 旅の始まりは、マルタの首都ヴァレッタ。輝かしい歴史や建築が集積したユネスコ世界遺産の街を散策してみてください。
  • アッパー・バラッカ庭園からは、絵画のように美しいグランド・ハーバーの眺めを堪能できます。
  • アンカー・ベイでは、1980年の映画「ポパイ」のために作られたポパイ村を訪れてみましょう。
  • フェニシアン・グラス作りで有名なターリ工房村では、ガラス製品を見て回りましょう。
  • コミノ島とゴゾ島にも足を延ばしてみましょう。コミノ島では美しいブルーラグーンを、ゴゾ島では有名な岩「アズール・ウィンドウ」を楽しむことができます。
  • マルタの古都イムディーナで、地元の食事を味わってみてはいかがでしょうか。パイ生地のスナック「パスティッツィ」や白身魚の「ランプキ」を試してみましょう。

日付 4-5
距離: 300キロ / 180マイル

アテネからキクラデス諸島

  • ギリシャにあるアクロポリスの丘やプラカ地区、シンタグマ広場、ゼウス神殿で、古代のアテネに思いを馳せてみてはいかがでしょう。
  • 「スブラキ」(小さく切った肉や野菜を串焼きにした料理)や「ムサカ」(何層にも積み重ねた肉やナスにベシャメルソースをかけて焼いた料理)を、ぜひ味わってみてください。
  • コリントス地峡を深く開削したコリントス運河を上から眺めてみましょう。
  • ミケーネにはギリシャで最も重要かつ有名な考古学遺跡があり、世界遺産にも指定されています。(ミケーネとティリンスの古代遺跡群)
  • アテネのピレウス港からミコノス島行きのフェリーに乗りましょう。

日付 6-8
距離: 250キロ / 155マイル

キクラデス諸島からエフェソス

  • キクラデス諸島の代表的観光地ミコノス島に着いたら、まず深呼吸してリラックスしましょう。岩がむき出しの丘を眺め、砂浜が続くビーチや白い教会、キクラデス風の建築を見学してみるのもお勧めです。
  • ミコノス島からフェリーに乗り、サモス島へと航海します。サモスに着いたら、車で島内を観光しましょう。
  • 海で泳いだり、自然のビーチを楽しむのもお勧めです。
  • 船でトルコに入ります。

日付 9-12
距離: 650キロ / 400マイル

エフェソスからイスタンブール

  • 古代の世界七不思議の一つ、エフェソスからトルコの旅を始めましょう。アルテミス神殿やセルシウス図書館、聖母マリアの家、7人の眠り男の洞窟など、数々の重要な史跡があります。
  • 次にイズミール市へと移動しましょう。ここはエーゲ海沿岸で最も美しい町の一つです。
  • バイラクリ地区やカディフェカレ地区では、洗練されたデザインの家々や11世紀頃から残っている聖なる建造物、そして歴史的価値のある噴水などを見て歩きましょう。
  • 飛行機でイスタンブールへ飛び、ヌルオスマニイエ・モスクやチェンベルリタシュ・ハマム、ブルー・モスクやアヤソフィアを探訪してみましょう。
  • 金角湾にかかるガラタ橋を渡ってカラキョイ地区に立ち寄り、コーヒーで一息つきましょう。その後、最古の地下鉄テュネルで移動し、イスタンブール市街を一望できるガラタ塔に上ってみましょう。
  • キプロスへのフライトに乗ります。

日付 13-14
距離: 250キロ / 155マイル

イスタンブールからキプロス

  • 伝統と国際的な文化が入り混じる首都ニコシアの旧市街を散策してみましょう。
  • 次はトロードス山脈へと足を延ばしてみます。ここではビザンチン様式の壁画が残る9つの教会がユネスコ世界遺産に指定されています。
  • トロードス山中にあるキッコー修道院もぜひ旅程にいれましょう。カラフルなモザイクやフレスコ画、聖母マリアのイコンが有名です。トロードス地方の壁画聖堂群は世界遺産にも指定されています。
  • ララ湾岸の遠くまで延びる浜や海岸線を歩いてみましょう。世界遺産に登録されているパフォスの街ではアフロディーテの岩を探索できます。
  • アマサスの古代遺跡は、キプロス島最古の居住地跡です。そのすぐ近くには透明な地中海の海があり、スキューバダイビングを楽しむことができます。
  • 「ハルーミ(キプロスのチーズ)」と、伝統の前菜「メゼ」をキプロス・ワインと共に楽しみましょう。

出かける前に

  1. パスポートを必ず持参し、自分の国の大使館の電話番号を念のためにメモしておきましょう。
  2. 行き先は海が見える場所にしましょう。ワインボトルを手に、日没を眺めるのがお勧めです。
  3. 有名なギリシャ料理「ギロス」を食べてみましょう。豚肉や鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマトにザジキソースをかけ、パン生地で包んだ料理です。
  4. トルコのレストランでは、お勘定の合計金額の10%程度をチップとして支払います。
  5. モスクを訪れる際は、地味で保守的な服装をしていきましょう。ハーフパンツでは入れません。靴はモスクに入る前に脱ぐので、なんでも構いません。
  6. トルコに現金を持って行く場合、お札が破れていないか注意しましょう。破れているお札は使えない可能性があります。
  7. 現地の人と知り合いになれるよう、キプロス語やギリシャ語の言葉を少し覚えてみましょう。
  8. 写真撮影には注意してください。場所によっては厳しく制限されています。