私たちはクッキーを使用しています。このウェブサイトを利用することで、あなたはより興味深い提供する私たちを助けクッキーの使用を受け入れ、コンテンツを適応しました

確認

必ず食べたい地中海料理

提出した日

海外旅行の醍醐味といえば、郷土料理を楽しむことでしょう。ヨーロッパの中でも特に美味しいと言われるのは地中海沿岸の料理です。西のスペインから出発して、東のトルコまで地中海料理のハイライトをご案内します。

スペインを代表する料理と言われるパエリアの発祥地は、地中海に面した都市バレンシアです。「パエリア」という単語は「鍋」を意味しており、米とともに様々な材料を入れて調理する大きくて底の浅い鍋を指しています。一口にパエリアと言っても様々な種類がありますが、伝統的なバレンシアのパエリアは、白米やモロッコインゲン、鶏肉またはウサギの肉、カタツムリ、白インゲン、調味料で作られています。またシーフード・パエリアも有名ですが、これは地中海で取れる美味しい魚介類を存分に活かした一品と言えます。

天気のよい日は地元産の食材を手に入れて、野外での食事を楽しみましょう。

イベリア半島では、ポルトガル料理も忘れてはなりません。「コジード・ア・ポルトゲッサ」というポルトガルの伝統的な煮込み料理は、様々な種類の肉やソーセージ、野菜を使ったもので、地域や季節によってその中身が変わります。

ポルトガルから北に進みフランスのマルセイユへ行くと、料理のメニューには必ずといっていいほどブイヤベースを見つけることができます。ブイヤベースは、プロバンス地方に伝わる魚の煮込み料理です。地元プロバンス産のハーブやスパイス、野菜とともに魚介類を煮込んで作り、ルイユ(辛味のあるマヨネーズのようなソース)とともに出されます。市場で売れない骨の多い魚を食べる調理法として漁師達が考案しました。最近のブイヤベースは、バラエティに富んだ魚を使っており、貝やタコ、ウニが使われることも多いです。

オリーブオイルこそ、地中海料理の「すべて」であるといっても過言ではないでしょう。なぜなら、ここで採れるオリーブは世界最高級のものだからです。

フランスから南下してイタリアのナポリに行けば、「パルミジャーナ」を味わうことができます。これは、薄切りにしたナスを炒めるか揚げるかして、その上にトマトソースとチーズ(通常はパルメザンかモッツアレラ)を重ねて焼いたイタリア料理です。種類によっては、鶏肉や子牛肉を入れることもあります。ナポリはピザとパスタで有名ですが、本物の郷土料理と言えばこのパルミジャーナでしょう

小国サンマリノでは、「ピアディーナ」と呼ばれる薄くて平たいパンを試してみましょう。伝統的にはテラコッタ(素焼き)の皿に載せて焼いていましたが、今はたいていフライパンで焼いています。野菜やチーズ、スライスしたハムなどを挟んでサンドイッチのようにしたり、甘いジャムやヘーゼルナッツクリームを塗ったりと、様々な食べ方があります。ピアディーナは地域によって少しずつ異なっており、ピタ・パンのように厚いものもあれば、トルティーアのように薄くて大きめのものもあります。

ワインは国ごとにバラエティーがあり、それぞれのワインに合う料理も異なります。

イオニア海を横切ってギリシャに行けば、パスタの重ね焼き「パスティツィオ」が有名です。これはラザニアに似た料理で、牛肉や羊肉のミンチとトマトをショートパスタの間に重ね、上からベシャメル・ソース(牛乳をベースにしたソース)をかけて焼いた郷土料理です。

地中海沿岸を巡る食の旅の終着点は、トルコです。トルコ料理の代表格と言えば、街のあちこちで見かけるケバブですが、トルコ料理はそれだけではありません。「マントゥ」と呼ばれるダンプリング(練った小麦粉の生地の中に詰め物をした料理)を、お試しください。地域によって様々な種類がありますが、とりわけ評判が良いのはカイセリのマントゥです。鶏肉かウズラ、またはガチョウの肉を詰めた小さなダンプリングに、ヨーグルトとオイルベースのトマトソース、香辛料をかけて頂きます。